Friday, May 1, 2015

5/6(水)広瀬月山「大国主命国土経営決意の地」にピクニックに行こう!




☆出雲神話の地 広瀬
出雲大社で大国主命が玉を迎えている像を見たことがある人は多いと思います。
あれは、古事記の説話で、国造りの半ばで少彦名命が常世の国に帰ってしまい、大国主命が一人で思案していると、海中に光が現れ、「我は幸魂の神」と告げ、国土経営を助けたという玉です。

この国土経営を決意した重要な地ですが、どこだか知っていますか?

実は安来市広瀬にある「月山の山頂」なのです。

月山と言えば戦国時代の堅城であり天空城とも呼ばれた富田城、尼子、山中鹿之助、地元である広瀬の人は尼子のことしか言いません。

しかし、実はもっと古い時代の古事記、そして国造大神である大国主命の重要な地だったのです。

そして、欽明天皇三十一年、山頂に大国主命の幸魂神を祀ったのが勝日高守神社(かつひたかもりじんじゃ)です。
祭神は大己貴幸魂神で配祀に月夜見神となっています。

出雲国風土記には、加豆比高社と記されている歴史ある神社です。

ということで、GWに月山にピクニックに行きませんか?

歴史館で広瀬の歴史を学び、清酒月山蔵元にある名水を汲んで山頂に登りお弁当を食べてお茶をしましょう!

広瀬神話ガイドの会の河合勝齋先生のガイド付きで楽しく40分の登山です。

山頂では浦安の舞の神楽奉納もあります。

集合写真を撮って下山したら、広瀬絣センターで40cm四方のハンカチに藍染め体験で旅の記念ゲットです!

日付:2015年5月6日
集合:道の駅 広瀬・富田城 歴史資料館前
 島根県安来市広瀬町町帳775-1
時間:10時集合~16時解散

料金:2000円

※料金には歴史資料館入館料、弁当、抹茶、茶菓子、藍染め体験料を含みます。
※ウェットティッシュや茶道具などはこちらで用意します。
※ゴミは基本的に各自でお持ち帰りいただきます。
※保険は掛かっていませんので自己責任でご参加ください。
※基本的に尼子の話はしません。

持物:登山できる服装、靴、リュック、名水を汲むためのペットボトル(500ml)、水筒や飲み物、虫除け対策、タオル、茶碗(抹茶が飲めるもの・無ければこちらで容器を用意します)、

<日程>
10:00 集合・挨拶
10:10 歴史資料館
10:30 水汲み
11:30 山頂~勝日神社参拝
11:45 浦安の舞奉納
12:00 昼食・お茶
12:40 下山
13:30 藍染体験
16:00 終了

主催:広瀬神話ガイドの会 河合勝齋
共催:鳥取荒神神楽研究会

さあ、みなさんGWは広瀬の神話を学びましょう!
https://www.facebook.com/events/1667230436834279/